ドガ展@Fitzwilliam Museum

JUGEMテーマ:アート・デザイン

281117-6

Examen de Danse, Danseuses à leur toilette, 1880

ケンブリッジのフィッツウィリアム博物館でドガ展開催中。

Degas: A Passion for Perfection

フィッツには未完の油絵やデッサンなど、ドガ作品がけっこうある。そのコレクションに、今回世界から貸し出された作品も集め、ドガだけでなく同時代人、影響を受けた現代の画家まで、3つのギャラリーに展示されている。いつもここは太っ腹の無料です。

主として部屋(1)にはドガが修業時代にデッサンや模写をした様子や風景。(2)は例の14歳の踊り子の彫刻を始めとしたバレリーナの絵と三次元作品、(3)はヌードのデッサンと、後継の画家(フロイドやフランシス・ベーコンなど)。

まずドガの胸像がお出迎えしてくれる。

281117-1

Bust of Degas, Paul Paulin (1852-1937), 1907

クセのありそうなおじさまです。ドガだもんね。カフェで毒舌吐いて友達なくしたこともあるとか。

しかし若いころからせっせと描いている。アングルに倣ったり、レンブラントの真似してみたり。

281117-2

After Anthonis Mor's Elizabeth Valois (c.1865-70)

隣りにアントニス・モルの油絵の肖像画も飾られていた。どこかに惹かれて写したくなったんでしょうね。丁寧な筆致。

風景画も美しい。

281117-3

View of Rome from the banks of the Tiber, 1857 - 58

本物はもうちょっと色彩が沈んでいて遠くから見ている感じが出ていた。

何でも描けるがやはり人物が面白いドガ、特にこれはすごい。

281117-4

Three Women at the Races, c.1885

パステル画。この構図、すごくないですか。人物が容赦なく切れていて顔もはっきりせず、競馬場ですれ違った一瞬をとらえたかのよう。いったいどういう場面なのか、想像力がかき立てられる。

一番上の絵はバレエの試験を待っている少女たちの風景、これも切り取り方が冴えている。すごいわー。

彫刻はたくさんあったが、印象的なポーズがこちら。

281117-5

Dancer Looking at the Sole of Her Right Foot, modeled before ca. 1895–1900, cast 1920

これの前にベンチがあるので、次に行ったらスケッチしてこよう。

次の間のヌードデッサンがまた良いですが、時間がなくなったのでまた今度。

来年1月14日まで開催中。

 

 

.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| ろき | 美術館・展覧会など | comments(4) | - |
ゴッホと日本展

JUGEMテーマ:アート・デザイン

241017-3

花魁(溪斎英泉による)、1887

もう11月!無駄に焦ってしまいますが、気候は意外に温暖、まだ暖房を入れないで済んでいます。時差ボケの影響で早く起きちゃうので助かる。これをきっかけに早寝早起きを習慣づけようかな。

今は東京に場所を移した『ゴッホ展 巡りゆく日本の夢』、札幌の「北海道立近代美術館」で開催中に見てきたので覚え書き。

まず、表記がィンセント・ァン・ゴッホ(1853-1890)になったんだなあ、と気づきます。オランダ語に近づけたのですね。

ゴッホがパリに移ったときにはアート界に空前の「日本ブーム」が起きていて、芸術家たちは日本の浮世絵などの西洋と違う色彩・大胆な構図に驚き、大いに影響を受けた。ゴッホも日本大好きになり、上の写真のように絵を模写(というより再構築)したり、南仏を日本と見立てて眺めたりしていた。また日本の画家がゴッホの死後に彼に影響を受けた様子も、文献や作品で紹介している企画。

上の花魁さんの元はこちら。

241017-4

雲龍打掛の花魁、溪斎英泉、1820〜1830年代

なぜ左右逆にしたんだろう。会場に入ってすぐの部屋はとても混んでいて、絵のそばの説明を読まなかったのですが、事情が書いてあったかも。直接影響を与えた日本の作品も展示しているので分かりやすい。

ゴッホが「ここは日本」と思いこんだ南仏アルルの風景がきれい。

241017-8

麦畑、1888

日本とだいぶ違うと思うけど、まあ気にせず。広々と明るい。

こんな風景も。

241017-5

タラスコンの乗合馬車、 1888

やがて直接的な影響は影をひそめていき、でも集中して取り込んだものの一部は体の中に残ったようで、消化される。そこから独自の表現が産まれていくよう。

241017-6

下草とキヅタのある木の幹、1889

遠い風景を眺めていたときと違って視線は下向き。細かいものをじっと見て、細かく描いている。植物や生物のクローズアップには、北斎の版画を思い出す作も。その時のゴッホの精神状態も反映しているのでしょう。

日本のゴッホ・ブーム?は彼の死後20年くらいから起こる。画家のみならず斎藤茂吉や佐藤春夫など作家や歌人たちも多いにゴッホを語った。彼の墓参りに行ったり同じ教会を描いてみた画家も。

241017-7

オーヴェールの教会、佐伯祐三、1924

佐伯祐三がこういうのを描いていたとは。色が違うなー、面白い。

他にも日本語の文献・作品が展示され、興味ある人には貴重な情報が豊富。その分ゴッホの絵が少ない気もするけど、ポイントは抑えてあるので興味深く見られる。札幌で終了間際だったのもあり、かなり盛況でした。

来年1月からは京都で開催:

ゴッホ展 巡りゆく日本の夢

 

 

.

 

 

 

| ろき | 美術館・展覧会など | comments(6) | - |
ジャコメッティ展@Tate Modern

JUGEMテーマ:アート・デザイン

220817-7

Women of Venice, 1956

テート・モダンでアルベルト・ジャコメッティ(1901-1966)の回顧展が開催中。

Giacometti

20世紀を代表する彫刻家のひとりジャコメッティ、デッサンや絵もすばらしい。初期から晩年までの作品が一挙に見られる。

220817-6

Head of Isabel, 1936

ジャコメッティといえば針金みたいに細い人間というイメージですが、もちろん最初から同じスタイルというわけではなく、いろいろと試していたことがわかる。

220817-1

Woman, 1928

ブロンズのこれ、何かいいですね。(スピーカーかと思った)

シュールレアリズム運動に参加していたこともあり。でも戦後は独自の道を探る。あまりグループに属するというタイプじゃないよね。

220817-2

Very Small Figurine, c.1937-1939

第二次大戦前、時代の圧迫感を受けたみたいな小さい像。本当に小さくて高さ数センチ。

220817-3

Man Pointing, 1947

40代後半から細い人たちが主流になってくる。高さを決めたら、なぜかだんだん細くなっていったのだそうですが。人間、よけいなものを剥いでいったらこうなるのか。

220817-4

Thd Dog, 1951

わんこも〜。ドン・キホーテの家来みたいだ。

お目当ての絵は後半の部屋にあり。

220817-5

Caroline, 1965

だいたいこうして正面向いて座っている人物を、弟のディエゴや奥さんアネットなど親しい少数のモデルを使って執拗に描いている。

スタジオでモデルを描くジャコメッティの映像も上映されていた。鼻のあたりから徐々に、慎重に描いていた。

「どんなに描いても自分の見ているものを表現しきれていない。千年くらい座ってもらえれば、多少は近いものができるかもしれないが」などと語っていた。千年たったらモデルが同じ顔でいられないと思う...。

奥に引き込まれそうな、似た構図の、でもそれぞれ違う絵が何作も並んでいる部屋が一番好きだった。

もちろん彫刻も、どの作品を見ても想像力をかき立てられる。広い会場でへとへとになりつつ、じっくり鑑賞を楽しめました。

Tateの紹介:

 

 

.

| ろき | 美術館・展覧会など | comments(4) | - |
ポートレート・ギャラリー、オールドマスターのデッサン展

JUGEMテーマ:アート・デザイン

220717-5

Woman Wearing a White Headdress(部分), Hans Holbein, c 1532-43.

ナショナル・ポートレート・ギャラリーでオールドマスターのデッサン展が開催中で、週末はそれにちなんだワークショップに参加した。まずは展覧会。

The Encounter -- Drawing from Leonardo to Rembrandt

レオナルドからレンブラント、とあるけど2人の作は各1つだった。ホルベインが豊富。

220717-3

Sir John Godsalve, Hans Holbein the Younger,  c.1532-4

チョークや色の顔料、インクなどを使って重厚に仕上げている。

いずれも今の鉛筆やチューブ入りの絵具など便利な道具や画材の発明前。古い手法で描かれている。

一番上の美女も、チョークで薄めに描きながら、目や輪郭線などにインクを使っている。あまりに正確なので、カメラ・オブスクラか何かの光学機械を使っているか、一度デッサンしたものを転写しているのか、と考えられるそう。

220717-2

Study of a Male Nude(部分)、Leonardo da Vinci, c1504-06

ダヴィンチは赤い紙に赤いチョークを使い、輪郭はインクで締めている。

220717-1

Self-portrait by Unknown Dutch or Flemish Artist, c.1625-35

羽ペンを使ってインクで描かれたもの。部分的に薄めたインクで陰もいれている。(先生の説明)

220717-4

A Sheet of Figure Studies, Rembrandt Harmenszoon van Rijn, c.1636

レンブラントの何気ないスケッチ。味がある。

鉛筆の前身ともいえる、芯が金属のメタルポイントというのを習ったが、実に繊細な線が出る。

250717-1

Henry Parker, 10th Baron Morley, Albrecht Dürer, 1523

Leadpoint on prepared paper. ということでこれは鉛の芯。ワークショップでは銀のシルバーポイントを体験して面白かった〜。

しかしこれ、訂正がほぼできない。習ってみてわかる、オールドマスターの凄さ。

ワークショップのチケットには、この展覧会に2日間何度でも入れるパスつき。レッスンの前後や昼休みに行っては眺めた。デッサンは光に弱いので照明を落とし、あまり公開されることのない作品も含めて大事に展示されていた。

実習は、あまりうまく描けなかったけど、そのうちアップします。

 

 

.

 

 

 

 

 

| ろき | 美術館・展覧会など | comments(0) | - |
レンブラントとルーベンス@National Gallery

JUGEMテーマ:アート・デザイン

280617-3

Self Portrait at the Age of 34, 1640, Rembrandt van Rijn

アンドリューの「ハムレット」の前に少しだけ時間があった。劇場から近いナショナル・ギャラリーへ。さすがに手荷物検査はあったけど、やはり誰でも無料で入れてくれる美術館はありがたい。大きな特別展を見るほどの余裕はなく、1時間以内で見られる1階Bギャラリーの企画展示に行く。

Rubens and Rembrandt

17世紀北ヨーロッパを代表する巨匠2人、ルーベンス(1577 - 1640)とレンブラント(1606 - 1669)を特集。年齢は親子ぐらい離れてますね。

絵の奥へと引き込むレンブラントに対し、向こうから何か放射してくるルーベンス、と感じる。

280617-5

Portrait of Susanna Lunden(?) ('Le Chapeau de Paille'), probably 1622-5, Peter Paul Rubens

華やかでチャーミング。

歴史画でも、ルーベンスの「サムソンとデリラ」には動きがある。

280617-4

Samson and Delilah, c.1609-10, Rubens

サムソン重そう〜!「脚しびれた」(デリラ)w

対して、レンブラントの「ベルシャザルの酒宴」は、宴会で騒いでいたら空中に手だけ出て来て何か字を書いた! その驚愕の瞬間を切りとり、時を止めている。

280617-1

Belshazzar's Feast, c.1636-8, Rembrandt

色合いも違うこうした作品が、向かい合わせに展示されている。

レンブラントは動いていてもゆっくりで繊細だ。

280617-2

A Woman bathing in a Stream (Hendrickje Stoffels?), 1654, Rembrandt

静かな水音が小さくこもって響くよう。

ルーベンスはダイナミック。↓「ライオン狩り」のデッサン。

280617-6

A Lion Hunt, c.1614-15, Rubens

いずれもナショナル・ギャラリー所蔵なので見たことのある絵。ふだんは時間が空くとレンブラントやフェルメールのある部屋にまっすぐ行ってそこだけ見る、みたいなことをして、ルーベンスは通過してしまっているかも。まとめてあると、同じような時代で作風の違う2人の対比が観察できます。

280617-7

Self Portrait at the Age of 63, 1669, Rembrandt

この展示は無料、8月6日まで。

 

 

.

 

 

 

 

 

 

 

 

| ろき | 美術館・展覧会など | comments(2) | - |
北斎展@大英博物館

JUGEMテーマ:アート・デザイン

150617-1

凱風快晴、1831 - 1833

大英博物館の「北斎展」、行ってきました。

Hokusai -- beyond the Great Wave

入場時間制限つきの予約制、時間内に入れば好きなだけいていい。非常に混んでました。

”大波を越えて”というタイトル通り、初期から中年期まではサラッと、歳とともにますます研ぎ澄まされた北斎(1760 - 1849)の後期に重点がおかれていた。

まずドキュメンタリーでも見た上の赤富士。実はこれは印刷の手間をちょと省略してしまったもので、北斎が意図したのはもっと薄い色の「ピンク富士」だったそう。

150617-2

色があせたんじゃなく、こっちが本当。2つ並べて見ると、確かにこちらの方がニュアンスが豊か。でも赤いのもインパクトある。

木版を刷る過程のビデオも流れていた。下絵の筆の方向まで注意して掘る人も、色をぴたっと合わせて刷る人も、磨きぬかれた技だ。

植物も美しい。

150617-8

朝顔に雨蛙、 1832

蛙?ああ、いたいた。静物だが動きがある。

「百人一首」も新鮮だった。

150617-5

百人一首、1835 - 36 

源宗于朝臣の
「山里は 冬ぞさみしさまさりける 人目も草もかれぬと思へば」

煙が生き物のよう。なんだか楽しそうで、あまり淋しくないけど・・・。

版画もすばらしいが、肉筆画はもっとすごい。ぐっと奥行きが出る。

150617-7

軍鶏図 1826 - 1834

やたら強そうな鶏!後ろの雌鶏がまた、旦那が偉いから自分もいばってます感があって可愛いわ。

初めて見て驚いた西瓜。

150617-4

西瓜図 1831 - 1832

な、なんと斬新な。「充電中のスマホ」を描いていたホックニーを思い出す。

北斎は西洋画も知っていて、遠近法も使ったりした。またオランダの商館?の偉い人に依頼されて日本の日常を描いたシリーズがオランダの美術館にある。

150617-9

「年始回り」

オランダ国立博物館の所蔵。年代のメモを忘れたが北斎50代の頃の作らしい。手前のわんこも年始の挨拶でおちりの嗅ぎあい・・・。

三女のお栄さん=応為の作もあった。彼女も立派な絵師。

150617-6

葛飾応為、関羽割臂図

大作だ。黒と赤が効いている。彼女の「色の作り方」や、北斎の死を報告した手紙など肉筆が展示されていた。筆の字、読めないけど。

日本はもちろん、世界から集めた選りすぐりの傑作ぞろいで堪能した。

死の間際の龍が迫力。辰年生まれで思い入れがあったのですね。

150617-3

龍雲図 1849

間近で見ると実に立体的でリアル。

90歳でも眼は衰えていなかったようだ。彼の野心通り、本当にあと20年寿命があったら、と思うとそら恐ろしい。人間としてこのくらいにしておいて正解だったのかもしれない。

8月までやっているので、機会があったらもう一度くらい見たいな。

 

 

.

| ろき | 美術館・展覧会など | comments(4) | - |
「マドンナと奇跡」展@フィッツウィリアム博物館

JUGEMテーマ:アート・デザイン

040617-2


Studio of Sandro Botticelli, Virgin and Child, Florence, c.1480–90, oil on panel

ケンブリッジ大学付属のFitzwilliam博物館の特別展、『Madonnas and Miracles』に行く。ルネッサンス期のイタリアで信仰が人々の生活の中に溶け込んでいた様子を、絵画だけでなく家具調度や工芸品で見せる。

キリスト生誕の様子を示したインク壺とか。(牛馬が主役っぽい)

040617-1

Inkstand with The Nativity, Attributed to Giovanni di Nicola di Manzoni dal Colle
Tuscany, c.1509–10, tin-glazed earthenware (maiolica)

各家庭のどこかに必ずマリア像や十字架があった。ロシアの家にイコンの置かれた片隅があるのといっしょですね。

あれ、ピカソがある!と思った。違うし。

040617-5

Virgin and Child. Italy, Umbria, c.1350–1450, tin-glazed earthenware (maiolica), 32 x 18 cm.

マヨルカ焼きは色が明るくていいなあ。

シリアスな象牙のジーザス、磔刑像。

040617-3

Crucifix figure (fragmentary), Italy, c.1599, partly painted ivory, V & A Museum

小さいが、迫力があった。各家庭で日々、こうした物を大事にし、祈っていた。

祈りのときに使うロザリオも。

040617-4

Rosary. Italy, 16th century, enamelled rock crystal beads mounted in silver-gilt, length 38 cm. Turin, Palazzo Madama, Museo Civico di Torino, Photo: Studio Gonella, Torino.

手が込んでいて美しい。相当リッチな方か貴族の持ち物でしょう。

↓この美しい貴婦人も、首から長いロザリオを下げている。

040617-6

Bartolomeo Veneto (1502-55), Portrait of a young lady, c.1500-10, oil on panel, 55.5 x 44.2 cm. National Gallery

信心深く、みんな神を信じ、奇跡も信じていた。医学もまだまだ発達せず、ペストなどの流行も恐ろしく、神頼みの部分は多かったですよね。

Ex-voto(エクス・ヴォート=奉納品)の展示が面白かった。願いがかなったり、特別に神や聖人に恩恵を受けたと感じたときに教会に収めた物品のことだそう。イタリア各地から集めた、絵のエクス・ヴォートが壁一面に。

これは地震があったけど家は助かった、ありがとうございます。というものらしい。

040617-7

The Viadana family prays to St Nicholas to save them from an earthquake. Italy, Le Marche, 16th century, tempera on panel

外に逃げないで祈ってたの?大丈夫か。助かって感謝する気持ちはわかる。

もうひとつ地震関係では、元々この展覧会用に借りることの決まっていたキリスト人形のある修道院が、昨年10月に大地震に見舞われてしまった。ところが人形は”奇跡的に”無傷。

050617-1

The Christ Child lies amid the rubble of the monastery in Camerino, Italy (Nuns of Santa Chiara, Camerino)

建物壊れて大変な時に「約束だから」と貸してくれた修道院も太っ腹かも。高貴な生まれで尼さんになった女性のために作られた人形だそうです。

実際の展示では服がなくて、ちょっと寒そう。

040617-8
The Christ Child. Italy, Camerino, c.1484–90, polychromed wood, 45 x 15 cm. Camerino, Monastero Santa Chiara.

「ええっと、あれは何だっけな、ほら…」と何か思い出そうとしているみたいな、大人っぽい顔ですね。15世紀の作、精巧。

キリスト教が人々の生活の中に浸透していたのがよくわかる展覧会。貴族も、農民も商人も、ドロボーもキリスト教徒でした。戦争もバンバンしていたし。人間てそういうものか。

トレイラー。

 

 

.

| ろき | 美術館・展覧会など | comments(4) | - |
ホックニー@Tate Britain

JUGEMテーマ:アート・デザイン

060517-1

Portrait of an Artist (Pool with Two Figures), 1972

金曜か土曜日にもらって火曜までに納品する仕事がレギュラーで来るようになった。面白いが、時間をとられる。だいぶ前に行ったホックニー展のことを今ごろ書いてます。

ちょっと前にしょっちゅうターナー展をやっている時期があったと思うが、最近はデヴィッド・ホックニー(1937年7月9日 -)を見る機会が多いような気がする。

29日までテート・ブリテンで大規模な回顧展が開催中。

David Hockney

「また?」なんていっている失礼な批評家もいるけれど、はやり面白い。特に今回は彼の長いキャリアを回顧するもので、昔の作品も見られる。

もうじき80歳の彼、70年くらいは毎日毎日描いているんではないでしょうか。そのエネルギーと絵への愛が作品にも表れている。

催眠術かけてる人・・・。

060517-4

The Hypnotist, 1963

なんじゃこりゃあ。映画だかドラマで見て気に入ったのだそうです。それをでかく描いてしまう。ヘンでおもろい。

若い頃の緻密なダブル・ポートレート、後ろの窓まで美しい。

060517-6

Christopher Isherwood And Don Bachardy, 1968

大きな画面に2人の人間がいる構図が多く、彼らの関係というか空間での距離の取り方がちょっと変わっている。静かなダイナミズム。

富士山と花があった。

060517-5

Mt. Fuji and Flowers, 1972

色も構図も、絶妙なバランス。

日本にも来て、竜安寺の庭を写真に撮ったりもしていた。

ドローイングも面白い。

060517-2

Ossie Wearing a Fairisle Sweater, 1970

これは色つきだが、繊細な鉛筆デッサンもたくさんあった。

旅先の風景が印象的。

060517-7

Breakfast At Malibu, Sunday, 1989

この後は明るい色のアメリカやヨークシャーの風景画で、以前の展覧会で見たものも多かった。

前回見た映像作品も1室にまとめて春・夏・秋・冬のシリーズで見るとまた新鮮。

060517-3

車に数台のカメラを積んで進みながら撮影。少しずつずれる画像が、いろんなところに飛ぶ人間の視線を再現する。

ラストのiPadアートの部屋がすごい。どこにでも持ち歩いて何でも描いている。窓辺のサボテンから靴、チャージ中のスマホ(!)まで。A1くらいの大きさのスクリーンが並び、中には制作過程を記録しているのもあって再生され、絵がひょいひょいとできていくのが見える。楽しい。

こうして見ると作風が年々変化していて、研究心の旺盛さがよくわかる。まだまだ元気なホックニー。これからもたくさん描いてください。

アリステア・スークが紹介する:

 

 

.

| ろき | 美術館・展覧会など | comments(6) | - |
「ロシア革命展」@British Library

JUGEMテーマ:アート・デザイン

290417-1

Дмитрий Моор

このおじさん怖い……有名なポスターですね。バッジ買っちゃった。

ロシア革命100年を記念した展覧会、大英図書館でも開催中:

Russian Revolution: Hope, Tragedy, Myths

ホックニー展を見るためロンドンに出たついでに、と寄ってみたところ、ついでなんてとんでもない、中身の濃い展覧会で、2時間以上かかってしまった。疲れた。

ロイヤル・アカデミーのより字が多いバージョンで、革命前のロシアの体制、戦争の影響と革命の勃発、内戦と赤軍の勝利、そして世界への影響までカバーしている。

大英図書館ならでは、レーニンの図書館利用パスの申込書もあった。

290417-4

Jacob Richtorって誰だよ。偽名でも大丈夫だったんですね。

革命は第一次大戦で国が疲弊したことが大きな原因となるが、その前に新興国・日本との戦争もあった。

290417-3

豚鼻のドラゴンが日本。でもロシアは残念ながら負けてしまいました。国は大きくても貧富の差がひどく、字が読めない人が大勢いた。日本人は当時も皆読み書きできていたのだ。

国が弱ると貧しい人に真っ先にしわ寄せがいく。革命の起こる下地ができていた。

290417-5

ラスプーチンに牛耳られる王室を皮肉った雑誌の表紙。

革命も何段階かあったことがわかる。もっと穏やかな変革を選べた場面がいくつかあったのに、結局急進派ボリシェビキが権力を握った。白衛軍もがんばったが、力及ばず。

一番上の赤いおじさんのポスターは、「君は赤軍に応募したか?」といっている。

コーカサスにも参加を呼びかけた。

290417-2

山岳地帯のムスリムのみなさんも、赤軍に加わりましょう、とアラビア語も添えている。これはなかなかカッコよいポスター。

これも目を引いた。

290417-6

Владимир Лебедев

犯罪者を一掃する労働者を表すウラジーミル・レベジェフのポスター。こういうのは本当にうまい。

貴重な当時の映像もあり、ハンガリーやポーランド、フィンランドなど、近隣諸国が影響を受けて揺れる様子もわかる。

照明が暗く、ガラスケースの中に入っている本や文書は読みにくかった。ロシア語は革命以前の正書法(書き方がちょっと違う)だし、さらに筆記体だとお手上げ。それでも実際の文書を見るのは興味深い。

100年記念の今年、まだいろいろと勉強する機会がありそう。

ちょっと気分を変えて、フランス語での紹介映像:

 

 

.

| ろき | 美術館・展覧会など | comments(4) | - |
ロイヤル・アカデミー、ロシア革命期のアート展

JUGEMテーマ:アート・デザイン

050317-1

Борис Кустодиев
The Bolshevik, 1920
Oil on canvas. 101 x 140.5 cm, State Tretyakov Gallery, Moscow

今年はロシア革命から100年。ロイヤル・アカデミーで革命からソ連初期のアートを集めた展覧会が開催されている。

Revolution: Russian Art 1917–1932
(11 February — 17 April 2017)

ボリス・クストーディエフの絵がゴジラみたいですが・・・。

1917年、第一次大戦で疲弊していたロシア帝国で国民の不満が爆発、二月革命でロマノフ朝のニコライ二世が退位。10月にはレーニン率いる元・ロシア社会民主労働党の多数派・左派のボリシェヴィキが労働者の武装蜂起を先導して臨時政府を倒す。これでソヴィエト(評議会)に権力が集中した。この後内戦を経て、1922年にソ連が誕生。

アートとのかかわりでは、初期段階では革命に賛同する芸術家も多く、新しさを追求するアバンギャルドが活発になる。

しかし20年代になるとソ連政府はこうした活動を批判しはじめ、例の、農場や工場のたくましい男女が真面目な顔をしている”社会主義リアリズム”を推奨、芸術家受難の時代となる。1932年にはスターリンが、社会主義リアリズムだけが真の芸術だと宣言した。乱暴だ。

一方で革命の宣伝、プロパガンダとしてのアートも盛んに制作される。1917年から32年にかけての、幅広いロシアの芸術が集められ、絵画だけでなく映画や彫刻、陶磁器も見られた。

060317-1

Isaak Brodsky. Lenin in Smolny

イサーク・ブロツキーは社会主義リアリズムの波にのって成功した画家。

一方、カンディンスキーは最初のころレーニンには認められたが、だんだん居心地が悪くなり、スターリンが権力を握る前に逃げ出した。

050317-2
Wassily Kandinsky, Blue Crest (detail), 1917
Oil on canvas. 133 x 104 cm

画家として市民として、どう生き延びるか、考えて行動することは必須だ。

初めて見たイーゴリ・グラーバリの風景画。

050317-3
Igor Grabar, By the Lake, 1926

彼は後に社会主義リアリズムの絵を描かされます(好きだったのかも?)。

アリスタールフ・レントゥーロフ(Аристарх Лентулов)はアバンギャルド派、舞台美術なども手がけた。色がロシアらしい。

050317-5
Aristarkh Lentulov, Tverskoy boulevard, 1917

激動の時代に、自分の芸術と向き合い、何を考えて制作していたのか、それぞれの芸術家たちに聞いてみたい気がする。延々と愚痴を聞かされたりして。

カジミール・マレーヴィチと、クジマ・ペトロフ=ヴォトキンの作品にはそれぞれ1室与えられていた。

ペトロフ=ヴォトキンはイコン画家として修業した人、透明感ある色の重ね方にそれが現れている。

050317-4

Kuzma Petrov-Vodkin, Fantasy, 1925.

Oil on canvas. 50 x 64.5 cm

この人のは、静物画なども美しかった。

絵画以外では、陶器も、他では見られない題材が。

050317-6

なんかこういうの、欲しいかも(笑)。特におじいちゃん、赤いルバーシカがナイス。ロシアの蚤の市なんかで掘り出し物として発見できないかしら。

最後の方の部屋では、スターリンの「大粛清」で逮捕された人々の写真が1枚ずつ映される映像が流れていた。名前と職業、いつ逮捕、どうなったか(銃殺、釈放、収容所内で病死、病気で収容所を出される、などなど)という情報と、写真だけ。

見ているともうランダムで、訳がわからない。詩人(オシップ・マンデリシュタームがいた)からエンジニア、主婦、会計士、元兵士、教師etc. なぜ逮捕されたのか。処置も、ある人は1週間後に銃殺、別の人は5年後に銃殺。釈放してからまた逮捕を繰り返した人もいる。理解できない状況で処刑された人達、無念だったろう。

生まれる場所・時代をちょっと間違えば、誰でもこういう目に遭う可能性はあるわけですよね。

いろいろ考えさせられた。ここに画像をはった作品は中でもきれいなものですが、しょうもないプロパガンダの作品がた〜くさんありましたよ。資本主義の豚の支配するイギリスにももうじき革命が起こるであろう、みたいなマンガとか。それも歴史的価値があるし、色彩感覚や構図は、大胆ですばらしくセンスが良い。食料配給チケットまで斬新なデザインだった。

会場にはロシア人がけっこう来ていた。なかなかまとめて見る機会もないし、貴重な展覧会だ。

 

 

.

 

| ろき | 美術館・展覧会など | comments(4) | - |
/ 1/23PAGES / >>