<< クローマーの博物館など | main | 水曜デッサン、新クラス >>
「三文オペラ」ナショナル・シアター・ライブ@映画館

JUGEMテーマ:エンターテイメント

270916-1

ナショナル・シアターからライブを映画館で鑑賞。ベルトルト・ブレヒト1928年の「三文オペラ」(Die Dreigroschenoper、英題The Threepenny Opera)。

ハンサムとはちょっといえないが、声がよく演技がめちゃうまい、ハムレットもイアーゴーもこなしてしまうロリー・キニアが主演。

Director -- Rufus Norris

Designer -- Vicki Mortimer

キャスト:

Captain Macheath, AKA 'Mack the Knife' -- Rory Kinnear
Polly Peachum -- Rosalie Craig
Jonathan Jeremiah Peachum -- Nick Holder
Celia Peachum -- Haydn Gwynne

Chief Inspector 'Tiger' Brown -- Peter De Jersey

Jenny Diver -- Sharon Small

舞台がロンドンなのはなぜかと思ったら、これは元々イギリスのジョン・ゲイの『The Beggar's Opera』(乞食オペラ, 1728年)を下敷きにしているですね、知らなかった。

悪名高い犯罪者のマック・ザ・ナイフ、女好きでたーくさん恋人がいる。ある日頭のいいポリーにわりと真剣に一目ぼれ、その日のうちに結婚しちゃう。

ところがポリーは「乞食の元締め」ピーチャムの娘だった。貧しい乞食から金をしぼり取って自分は豊かに暮らす、とんでもないピーチャムのくせに、可愛い娘は不良とは結婚させられん、とポリーを取り戻そうとする。警察に圧力をかけてマックを監獄にぶちこむも、マックの元カノのひとりが乱入し、その隙に彼は脱獄・・・などなどドタバタのような、全編貧民街で展開するダークでパワフルな音楽劇。真面目に見たのは初めて。

オペラのパロディなのですね。中流以上のリッチな人々が楽しむオペラ -- 特に20世紀初頭まではクラス分けが顕著だったろう -- をどん底まで落としてみた。登場人物はみんな社会の底辺やら周辺にいる。それでも人間の喜怒哀楽は同じ、オペラと変わりない。めちゃくちゃなラストもオペラっぽく強引。

第一次大戦に負けて経済制裁が重く、どうしようもなくなった人達が続出した20年代のドイツで受けたのが理解できます。貧しい人がさらに搾取されている構造、ブレヒト、怒ってたんだよな。時代背景と合わせて考えて、この作品の意味がわかりました。

270916-2

現代のロンドンにも、通ずるものがある。

ピーチャムが乞食たちに向かって、

「いいか、乞食のタイプは、まず移民、それから家出少年少女、頭の✖✖なやつ・・・」と説明する。これはブレヒトが書いたセリフなのか、アレンジしたのか、と迷うほど、移民難民問題でごたごたする今のイギリスにそのまま当てはまる。そういえば物乞いする人が、田舎のうちの周辺はさすがにいないが、ロンドンでもケンブリッジでも明らかに増えている現状だ。

キニアもちゃんと歌っていた。元々声がいい上に、特訓したのだろう。根性ある。見ているうちに、ハンプティ・ダンプティみたいな顔の彼が、女性にモテまくりのセクシーな悪人と思えてくるのがすごい。

一番歌がうまいなーと思ったのはポリーのロザリー・クレイグ(「お気に召すまま」のロザリンド)、テクもしっかりして、美声がよく通った。彼女はわざとモサっとした格好にしていたが、キリッと男前なポリーだった。

舞台の後、家路につきながら気持ちが高揚するとか爽やかになることはたぶんない。でも一度は観て置くべきかも。キニアで観られて良かった。

 

トレイラー:

 

 

.

| ろき | 演劇・ダンス他 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comments:
一目見て「怪しいオッサン、近寄っちゃいかん」と感じました。
目のメイクのせいかと思ったら、包丁持っているのね。
避けるべき人間を一瞬で見抜いたので、良い気分です。

モテモテなのに、背景も知らずにポリーを選んだマックも、いい勘してますね。
だって、すごくお似合いの相手だもの。
お父さんも、その辺を理解して祝福すべきですよね。
* B * 2016/10/01 8:38 AM
Bさん、これ包丁だよねー(笑)、切れ味よさそう。
やばい人を見抜く力は必要ですね。

犯罪社会で頭角を現すには、理屈より勘が冴えていないとかも。
マックは動物的勘でパートナーを嗅ぎ分けたのでしょう。
* Loki * 2016/10/01 7:48 PM
Comments: