<< 空振り「アンナ・カレーニナ」 | main | 水曜デッサン会(先々週) >>
アルヴテーゲン「影」(Тень)

JUGEMテーマ:読書

220217-1

なんか前回のもですが、デッサン教室のモデルみたいな表紙のロシア語版。

またロシア語訳で読んだ、カーリン・アルヴテーゲンの「Тень」(影=原題『Skugga 』、2007年作。

ひっそり亡くなった孤独な老女イエルダ。その身辺の後始末と葬式の手配などのため、役所の職員が、数少ない連絡先にコンタクトをとる。そしてイエルダが、ノーベル文学賞を受けた高名な文学者アクセル・ラグナーフェルトの家で長年家政婦をつとめていたことがわかった。

卒中発作の後で体が麻痺し、今では寝たきりのアクセル。

息子のヤン・エリックは創作はせず、いわば父の威光で講演会やチャリティ・プロジェクトを運営して名士となっている。妻ルイザとの仲はすっかり冷めているが、父が書いた遺書の縛りで離婚できない。

そしてアクセルの元友人で久しく疎遠になっていた作家や、孤児として養父母の元で育った三十代のクリストファーも連絡をうけた。

前半はそれら登場人物の個人的な状況がていねいに語られて、ストーリーがぜんぜん進まない。Kindleで読んでいると、47%済んだけどまだ〜?みたいな(笑)。それでも投げだす気にならないのは、作者の筆力だろう。気になって先を読みたくなる。

そのうち、子供のころ可愛がってくれたイエルダの写真でもないかと探したヤン・エリックは、家族の過去にまつわるとんでもない証拠を発見

また、親を知らないクリストファーは、面識のなかったイエルダがなぜ自分を知っていたのか、両親についての手がかりがないか、と調査に動き出す。

それから話は加速し、ヒューマニズムを追求した作家であるはずのお父さんのヘタレな過去に、ヤン・エリックが留学中に交通事故で亡くなったと聞いた妹の死の真相など、やばい真実が出てくるわ出てくるわ。

過ちを隠蔽するためにまた重ねる過ち、追いつめられての最悪の判断ミスが人を巻きこみ、読んでいても頭をかかえたくなるほどの混迷が明らかになってくる。

「影」とは尊敬され人を導く立場であった作家の隠していた真っ黒な部分であり、また偉大な父に常に前をふさがれていた、影の中にいたヤン・エリックの象徴でもある。救いはあるんでしょうか。

エンディングはあいまいさを残し、特に明るくはない。無理矢理、希望を見出そうと思えばできるかな。

フツーの人=家政婦さんの死がこんな破壊力を持つとは。デビュ―から5作目、アルヴテーゲンの筆が冴えている。壮絶な作品です。

日本語版:

影 (小学館文庫)
影 (小学館文庫)

 

 

.

| ろき | word, word, word(読書) | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comments:
これ読みました。
人物像や背景をしっかり描写しているので、むちゃくちゃな事件がすごくリアルに感じられました。
駄目な人間の内面をじっくり眺めてしまったようで、読後しばらく気分が悪かったです。
だって、その駄目要素は自分にもあるんだもの。

ロシア版「恥辱」の表紙のモデルは人類じゃないと感じましたが、今回も変ですよね。
ウルトラマンの種族かな?
背中にファスナーが…。




* B * 2017/02/24 8:18 AM
Bさん、前半に延々と人物について書いていることが、後半生きてきますね。
駄目要素が自分にもある、と思える読者なら良いと思います。
それにしても高いところから落ちるとひどいことになりますね。
ロシア語版表紙はちょっと変ですね。特にこの作なら女性なのはおかしい。
ファスナー明けたら黒い中味の人が出てきたら怖いわ。
* Loki * 2017/02/25 1:06 AM
Comments: