<< ジョアンナ・ヒクソン『First of the Tudors』 | main | 「ロシア革命展」@British Library >>
エヴゲーニー・オネーギン2つ

JUGEMテーマ:エンターテイメント

260417-2

ロシアのTVの「アンナ・カレーニナ」終了。面白かったが、セリョージャが成人した後、という設定を活かしきれていない気もした。どう育ったか、母についてどう思っていたか、掘り下げがほしかったな。でも最後に日本軍が出てきて、つい(ロシア軍をやっつけちゃえー)と応援、あはは。

ロシア古典をぐるぐる回っているかも。今度はプーシキンの「エヴゲーニー・オネーギン」を原作としたオペラと演劇。

METオペラ(上の写真)を映画館中継で。作曲はもちろんチャイコフスキー。

<Cast>

Conductor -- Robin Ticciati

Tatiana -- Anna Netrebko

Olga -- Elena Maximova

Onegin -- Peter Mattei

Lenski -- Alexey Dolgov

Gremin -- Štefan Kocán

オペラなので、原作の恋愛パートを抽出し、特にタチアーナが一人でラブレターを書く場面に20分も費やしている。主要キャラの少なくとも3人がロシア人で、美しい発音も楽しめた。主役オネーギンはスウェーデンのペーテル・マッテイ、長身で堂々としているが、嫌なやつなんだけど苦悩もある魅力的なオネーギンになりきれていない?わたしのデフォルトがホロストフスキーだからしょうがない。

アンナ・ネトレプコは相変らずすごい貫録だった。

260417-1

エカテリーナ二世かとおもた!

オペラは歌手の外見は関係ないわけですが、面白いことにタチアーナの年上の旦那さん役のバスのスロバキア人ステファン・コツァンが若くてかっこよかった。初老の軍人のはずが・・・こういう現象も起きる。

テノール、レンスキーのアレクセイ・ドルゴフの絶唱が美しく印象的。

音楽的には楽しめるが、原作の豊かな言語表現はカットされている。

演劇の場合は言葉をもっと活かせるだろう。

バフタンゴフ劇場版を録画で見た。

260417-3

Идея, литературная композиция и постановка -- Римас Туминас

Музыка -- Фаустас Латенас

Действующие лица и исполнители:

Евгений Онегин -- Сергей Маковецкий

Евгений Онегин -- Виктор Добронравов

Владимир Ленский -- Олег Макаров
Владимир Ленский -- Василий Симонов

Гусар в отставке -- Владимир Вдовиченков

Татьяна Ларина -- Евгения Крегжде

Ольга Ларина -- Наталья Винокурова

Няня, Танцмейстер -- Людмила Максакова

ロンドンで観た「ワーニャ伯父さん」と演出家や音楽、主要俳優がかぶっている。やはり型破り。

なにしろオネーギンとレンスキーが2人ずついる。若い頃と、今。レンスキーは若くして死んでるから、今のは霊?年とったオネーギンが若い頃を悔恨とともに回想する形になっている。さらにプーシキン本人を思わせるような退役騎兵もいるので舞台に人が多い。

260417-4

舞踏会、アコーディオンを持ったオリガ(親友レンスキーの彼女)を独占して踊っちゃう場面。

パワフルな舞台だ。タチアーナ、エネルギ−があまって乳母ごとベッドを引きずって歩いちゃう。女優さん、腰痛めないでね。

「ワーニャ〜」でソーニャも演じたエヴゲーニャ・クレグジェの迫真の演技に引き込まれた。本当の涙を流すなんてアサメシマエです。

なるほどねえ、と思ったのは、タチアーナが見る実にフロイト的な夢の場面、名女優が出て来てプーシキンの詩の原文を朗読した。言葉を読めばそれだけですばらしく、何も手を加える必要はないってことかな。

この舞台はまたロンドンのプーシキン・ハウスで少し大きいスクリーンで見られるので、6月に行こうと考えている。

↓アンナ・ネトレプコのアリア20分に勝るとも劣らない、エヴゲーニャの「手紙の場面」。ティーンエージャー初恋の力を豊かに表現。この子を振ったオネーギンて、ほんと馬鹿。

 

 

.

 

| ろき | 演劇・ダンス他 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comments:
1枚目の写真も舞台なんですね。広い荒野に見える。

しかしタチアナさんはラブレターを書きそうにないわ。
どう見ても「男なんて卒業よ、チョコレートケーキ1個あれば、その方が幸せなの」という境地に至った偉大な女性です。

下の演劇の手法を取り入れたら良いのに。
役にぴったりな人を置いとして、歌のうまい人が後ろで歌うの、どうでしょう?

* B * 2017/04/29 5:20 PM
Bさん、ロシア人のネトレプコにはマトリョーシカ遺伝子が発動していますが、美声がすべてだから良いのよね。無理なダイエットはしないでしょうね。

そうそう、ソ連時代に映画で、俳優の映像に歌手が声を入れたのがあり、これは完璧だった。
舞台は出演料が膨大になり(笑)、難しいかも。
* Loki * 2017/04/29 7:42 PM
Comments: