<< 水曜デッサン会 | main | ジョアンナ・ヒクソン『First of the Tudors』 >>
ドラマ「アンナ・カレーニナ」ロシア・チャンネル1

JUGEMテーマ:映画

190417-1

月曜から毎日、夜に帰宅するなりロシア・チャンネル1をつけている。去年から首を長くして待っていたドラマ「アンナ・カレーニナ」がついに放送されている。

しかも1晩2話ずつ、月〜木で一気に8話完結までやってしまうという無茶ぶり。怒涛のアンナ祭り。

『Анна Каренина』

Режиссёр -- Карен Шахназаров

<В ролях>
Елизавета Боярская — Анна Аркадьевна Каренина
Максим Матвеев — Алексей Кириллович Вронский, граф, полковник
Виталий Кищенко — Алексей Александрович Каренин
Кирилл Гребенщиков — Сергей Алексеевич Каренин
Иван Колесников — Стива Облонский
Виктория Исакова — Долли Облонская

でも写真↑が何だかヘンですよね。こんな場面あったっけ?

実はこのドラマ、おなじみレフ・トルストイの名作に、ヴィケンチー・ヴェレサエフ(Вересаев, Викентий Викентьевич、1867〜1945)の«Рассказы о японской войне»(日露戦争の話)をくっつけたもの。写真の人はセルゲイ・カレーニン。そう、アンナが家に置いてきた愛息子のセリョージャ(当時8歳くらい)が成人し、軍医として満州で働いているのだった。そこへ、負傷して運ばれてきたのが50代になったヴロンスキー伯爵という設定。あんた、生きてたの。

190417-3
ヴロンスキー(昔の)。

負傷兵の世話や手脚の切断手術で毎日忙しいセルゲイ医師だが、暇をみつけてはヴロンスキーのベッドへやってきて、

「なぜ母がああいう死に方をしたのか、教えてください」という。子供だったからきちんと教えてもらっていないだろうし、父や周囲に何と説明されたかわからないが、納得していないのだろう。幸い命に別状ないヴロンスキーが昔話をする、という設定。

政府高官の妻アンナ・カレーニナが若い将校ヴロンスキーと恋に落ちて家庭を捨てるが、貴族社会から冷遇され、何より愛する息子と離ればなれになって精神が不安定に、そして不幸な結末を迎える。

ちょっと2話を見逃したら、3話ではすでに、離婚するなら息子を取られる、と重苦しい雰囲気になっていた。幸せな時間は一瞬だった〜。

190417-2

アンナを演じるエリザヴェータ・ボヤルスカヤ。ややイメージとは違うけど、美貌です。わりに声にドスがきいている。ヴロンスキーのマキシム・マトヴェエフは実生活の旦那さん。美男美女夫婦だが、やりにくくないかな。プロだから切り替えるのでしょう。

ドラマはトルストイの本通り進行、ただし田舎の地主リョービンの話は一切なし。アンナに集中している。ヴロンスキーがいない場面もあるけど、アンナがくわしく話していたのかな。まあそのへんは突っ込まないでおこう。

今のところ、満州の野戦病院がどう生きてくるのかわからない。「セリョージャ」とヴロンスキーの関係は円満な和解になるのか。2人とも日本軍の攻撃でXされちゃうとか(まさか)。残るはあと2話です。

チャンネル1の宣伝がすごくて、うるさいほどたくさんあるトレイラーのひとつ:

 

 

.

 

| ろき | 映画 | comments(4) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comments:
一番上の画像、屠殺場?
あ、野戦病院か。
まあ、セリョージャ、ごつくなっちゃって。
いいおっさんになったのだから、ママ、ママ、言わないの。
妹はどうなったのかしら。

リョービンとキティは出てないの?
彼らの二人の幸せが一服の清涼剤なのに。
彼らが出なかったら、ドロドロの昼メロじゃないの〜。

日露戦争かぁ。
二百三高地のかなぁ。
海は死にますか、空は死にますか
おしえて〜ください〜。(映画主題歌)
* はむはは * 2017/04/20 11:58 AM
はむははさん、ときどき「ぎゃああー!」とか悲鳴も聞こえてきて臨場感ありました。
イギリスのハリー王子でもセラピーにかかったとつい最近認めたくらいだから、こじらせるんでしょうね、母の死。
リョービンのことは、ヴロンスキーがよく知らないのでしょう。なのでカット。
日露戦争といえば、日本海海戦。敵前大回頭(東郷ターン)〜しか覚えてないわ。
* Loki * 2017/04/21 5:19 AM
ヴロンスキーが正しいんですか?
私はウロンスキーだと思っていました。そんな、名前からして胡乱な奴によろめいて家出するなんて、と笑ってしまい、あまり同情できなかった。

でも子供は災難ですね。母親が出て行って、そんな石みたいな顔の父親と取り残されるなんて。周囲の人達も母親を悪く言うだろうから、混乱した心を封印したまま大人になったのかな。
事情が分かって納得できると良いですね。

犬は死にますか、猫は死にますか、
運が良くても丈夫でも、十年前後です〜

とかいう、所ジョージさんの替え歌が好きでした。
犬も猫も今は寿命が延びているようですね。
* B * 2017/04/21 12:03 PM
Bさん、ヴとウの中間かもしれません。ロシア語のBは英語のVです。
ドラマではヒステリックなアンナにいじめられながら、ゴールデンレトリーバーのようにじっと耐えている良いやつでした(本人が語ってるんだからね)。

セリョージャの育ち方が心配ですよね。周囲は悪く言ったか、全然話題にしなかったか。19世紀ロシアにセラピストはいたのかな。

所さんのそんな替え歌があるんですね。犬猫20年望めますよね最近は。
* Loki * 2017/04/21 6:07 PM
Comments: