<< 『Он вам не Димон』メドヴェージェフ首相の汚職告発動画(映画) | main | マーガレット・アトウッド『The Penelopiad』 >>
ホックニー@Tate Britain

JUGEMテーマ:アート・デザイン

060517-1

Portrait of an Artist (Pool with Two Figures), 1972

金曜か土曜日にもらって火曜までに納品する仕事がレギュラーで来るようになった。面白いが、時間をとられる。だいぶ前に行ったホックニー展のことを今ごろ書いてます。

ちょっと前にしょっちゅうターナー展をやっている時期があったと思うが、最近はデヴィッド・ホックニー(1937年7月9日 -)を見る機会が多いような気がする。

29日までテート・ブリテンで大規模な回顧展が開催中。

David Hockney

「また?」なんていっている失礼な批評家もいるけれど、はやり面白い。特に今回は彼の長いキャリアを回顧するもので、昔の作品も見られる。

もうじき80歳の彼、70年くらいは毎日毎日描いているんではないでしょうか。そのエネルギーと絵への愛が作品にも表れている。

催眠術かけてる人・・・。

060517-4

The Hypnotist, 1963

なんじゃこりゃあ。映画だかドラマで見て気に入ったのだそうです。それをでかく描いてしまう。ヘンでおもろい。

若い頃の緻密なダブル・ポートレート、後ろの窓まで美しい。

060517-6

Christopher Isherwood And Don Bachardy, 1968

大きな画面に2人の人間がいる構図が多く、彼らの関係というか空間での距離の取り方がちょっと変わっている。静かなダイナミズム。

富士山と花があった。

060517-5

Mt. Fuji and Flowers, 1972

色も構図も、絶妙なバランス。

日本にも来て、竜安寺の庭を写真に撮ったりもしていた。

ドローイングも面白い。

060517-2

Ossie Wearing a Fairisle Sweater, 1970

これは色つきだが、繊細な鉛筆デッサンもたくさんあった。

旅先の風景が印象的。

060517-7

Breakfast At Malibu, Sunday, 1989

この後は明るい色のアメリカやヨークシャーの風景画で、以前の展覧会で見たものも多かった。

前回見た映像作品も1室にまとめて春・夏・秋・冬のシリーズで見るとまた新鮮。

060517-3

車に数台のカメラを積んで進みながら撮影。少しずつずれる画像が、いろんなところに飛ぶ人間の視線を再現する。

ラストのiPadアートの部屋がすごい。どこにでも持ち歩いて何でも描いている。窓辺のサボテンから靴、チャージ中のスマホ(!)まで。A1くらいの大きさのスクリーンが並び、中には制作過程を記録しているのもあって再生され、絵がひょいひょいとできていくのが見える。楽しい。

こうして見ると作風が年々変化していて、研究心の旺盛さがよくわかる。まだまだ元気なホックニー。これからもたくさん描いてください。

アリステア・スークが紹介する:

 

 

.

| ろき | 美術館・展覧会など | comments(6) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comments:
一番上のプールの、面白い〜。
溺死カエル?

ダブル・ポートレートのは緊張感がありますね。
仲が悪いのかしら。

分割するの、いいですね。
直線が引き締まってますね。

80歳か〜。
片岡珠子は103歳で死ぬまで描いたと言うから
まだまだ描けますね。
* はむはは * 2017/05/25 3:40 PM
はむははさん、なんか想像力をかきたてられますよね。
2人の人物の間の空気が描けている。
分割の、面白いです。
映像がゆっくり動くのもきれいだし。

100歳越えはすばらしいですね。ホックニーもがんばれ。
* Loki * 2017/05/26 12:43 AM
不思議な雰囲気の画家ですね。
すごい技術を持っているのに、凝り性の中学生が描いたのかと思うような作品がある。

色合いがきれいで、どの絵も楽しんで描いているように見えます。制作上の悩みとか、無さそう。

…実際は絵筆を握って苦悶していたら、ごめんなさい。
* B * 2017/05/26 11:20 AM
Bさん、彼はいくらでも細密に描けるから、いろいろ実験したくなるんでしょうね。
そうですね、描きながら考えるタイプのような気がする。
根っから好きなことを楽しんで続けている、こういう人は長生きしますね。
* Loki * 2017/05/26 11:55 PM
Lokiさん、展覧会のアップ、ありがとうございます。

私もこの春夏秋冬の写真の部屋が大好きです。四季の移ろいが美しく、撮影技法もすごく面白い。
ずーっと見ていても飽きないんですよね。

iPadの部屋も大好き。絵の描き方、色の重ね方が面白い。かれのテクニックの一部を見られるのもデジタル画ならではの醍醐味。

根底にあるのは、彼が制作を楽しんでいることかな。作品はどれも明るい。
* Kiki * 2017/05/27 7:39 PM
Kikiさん、四季の部屋いいですよね。
夏だったか、鳥が画面を横切ったり。変化が面白い。
iPadも量がすごいし、参考になりますね。ありとあらゆる物を描いているのがすごい。
楽しくてしょうがない、純粋な心を感じます。
* Loki * 2017/05/28 5:06 AM
Comments: