<< 「マドンナと奇跡」展@フィッツウィリアム博物館 | main | マトヴェイ神父『Отец Матвей』 >>
『Hokusai』大英博物館@映画館

JUGEMテーマ:アート・デザイン

090617-1

『冨嶽三十六景』「神奈川沖浪裏

大英博物館で葛飾北斎(1760 - 1849)の大規模な展覧会が開催されている(8月13日まで)。

Hokusai -- beyond the Great Wave

もちろん予約した。その前に、映画館でこの展覧会にちなんだドキュメンタリーが上映されたので見に行く。

Producer & Director -- Patricia Wheatley

北斎といえばこの大波、日本人でなくても知っている、ほとんどモナリザやムンクの「叫び」と同じくらい有名な絵だ。この展覧会、そしてドキュメンタリーでは、北斎がこの波以後も、歳をとるごとにどんどん腕を磨いて傑作を描いていたことを紹介している。

NHKとの共同制作なので日本の映像も多く、実際に木版を掘ったり、芸大の学生が模写して見せたり、興味深い映像ばかりでためになった。

貧しい生まれだが小さいころから絵が好きで、浮世絵師として成功。破産したり火事で焼け出されたり、豊かではなかったが全然気にせず、90歳まで芸術に邁進。すごい画家だ。

090617-2

『冨嶽三十六景 尾州不二見原』 北斎改為一筆(葛飾北斎画)

自分も庶民だから働く人や町の人の登場が多く、活き活きしている。構図も斬新。

そして絵に動きがある。

090617-3

Poppies. Colour woodblock, 1831-1832

ちょっと「波」に似ているリズム。

イギリスの一流美術評論家が解説したり、こちらも長寿画家デヴィッド・ホックニーが、「北斎はすごい画家です。ぼくも長生きしてがんばりたいが、彼ほどには描けないけどね」と謙遜したりしている。

版画で大量生産されていたから、蕎麦2杯分で誰でも買えた。「たいへん民主的な芸術だ」と解説者が言っていたのが印象的。

そして版画の質が悪かったからべたっと赤くなった「赤富士」が有名になっているが、本当はあれはもっと薄い、ピンクの富士だったとか、聞いたことがあったような。今回スイスの収集家から借りて質の良い版を展示しているそうだ。

長年北斎を研究してきた人(名前失念)が今回ついに大英博物館での展覧会を実現させた。彼が感激屋さんでしょっちゅうウルウルしているのが可愛かった。少なくとも3回は声をつまらせていた。感無量なんでしょうね。

090617-4

Weeping cherry and bullfinch. Colour woodblock, c. 1834.

こういう空間のとり方とか、さかさまの鳥、すごいわー。

役者絵を描き、小説の挿画や漫画を描き、西洋画も研究した北斎、「この調子で110歳までいけばまともな絵が描けるかな」と言っていた、前向きさがすばらしくて元気が出る。地元映画館の2番目に大きいスクリーンは満員、人気を物語っている。

090617-5

『富士越龍図』(死の3か月ほど前の肉筆画)

辞世の絵でしょうか、実物を早く見たい。
トレイラー:

 

 

.

| ろき | 映画 | comments(6) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comments:
北斎は世界中で人気があるんですね。
先日、墨田区に新しくできた北斎美術館に行ってきました。
モダンな建物で、「う〜ん」という感じでしたが、疱瘡画があり、彼の肉筆画の力強さにうなりました。
小布施の北斎館に『富士越龍図』がありますので、帰国したら是非行って見てください。
* coco * 2017/06/11 9:39 AM
トレーラーを見ましたが、よくできていますね。
私も映画とこの展覧会を見たいです。

『冨嶽三十六景』はダイナミックな構図で、今見ても斬新ですよね。

浮世絵は、日本人の手先の器用さと、鳥獣人物戯画から通じる感性の融合だと思う。


* Kiki * 2017/06/11 3:01 PM
Cocoさん、北斎人気はすごいですね。
実はもう行ってきましたが、すごい混んでました。
やっぱり肉筆画は迫力あっていいですよね!感動しました。
日本でも見てみたいです。
* Loki * 2017/06/11 7:57 PM
Kikiさん、これNHK共同だからいつか放送しますよね?とても良かったです。
デザイン感覚の新しさ、漫画の人の活き活きした描写など、群を抜いていますね。
筆の勢いまで移す、木版を掘った人もすごすぎます。
* Loki * 2017/06/11 8:00 PM
北斎は素晴らしいですね。
この波の状態も
高性能の写真でしかわからない形状なのだそうですよ。
どんな目をしているのでしょうね。
構図も大胆で、普通は思いつかないものばかり。
動きもいいし、画面からはみ出しているし
素晴らしいですね。
大好きです。
* はむはは * 2017/06/13 7:41 AM
はむははさん、そうなんです、カメラもない時代にフラクタルの波!どうなってるんでしょうか。
西洋画も見てちゃんと研究しているし、おそるべき画家ですね。
最後まで視力も頭脳も衰えなかったのは、天から応援されていたのかも。
* Loki * 2017/06/13 11:39 PM
Comments: