<< セザンヌのポートレート展@National Portrait Gallery(覚え書き) | main | ベルナール・ミニエ『Le Cercle』、のロシア語訳 >>
オスカー・ワイルド『LADY WINDERMERE’S FAN』@シネマ

JUGEMテーマ:エンターテイメント

140418-3

すっかり春になった。夕方のベランダのチューリップ。

映画館でオスカー・ワイルド作「ウィンダミア卿夫人の扇」の劇場中継を観た。1892年にロンドンで初演された作品。2018年の上演はVaudeville Theatreで。

140418-2

『LADY WINDERMERE’S FAN』 By Oscar Wilde

<CREATIVES & PRODUCTION>
KATHY BURKE DIRECTOR
PAUL WILLS DESIGNER
PAUL KEOGAN LIGHTING DESIGNER
SHANE CULLINAN COMPOSER
DOMINIC DROMGOOLE ARTISTIC DIRECTOR

<Cast>
Samantha Spiro (Mrs Erlynne)
Kevin Bishop (Lord Darlington)
Jennifer Saunders (Duchess of Berwick)
Joseph Marcell (Lord Lorton)
Joshua James (Lord Windermere)
Grace Molony (Lady Windermere)

若く美しいレディ・ウィンダミアは最近子供も生まれて幸せ。自分の誕生パーティを楽しみにしている。が、嫌な話を聞く。夫のウィンダミア卿が年上のアーリン夫人と懇意だというのだ。誰?そんな女性、親戚でもないし。さらに、夫本人が、誕生パーティにアーリンさんを招いた、というではないか。

会いたくない、と思っていても夫人は来てしまう。

140418-1

何か訳あって久しく社交界から離れていた彼女、最近また復帰したいと思っていて、それを夫が助けようとしているらしい。アーリン夫人を丁寧にもてなす夫を見てショックをうけたレディ・ウィンダミア、別の男に走ってやれ、と自棄を起こす。

ヴィクトリア時代に人妻が浮気したら上流社会から締め出されます。事態を察したアーリン夫人、「別の男」の家に乗り込む。そして自分の名誉を捨ててウィンダミア夫人を救おうとする。実はアーリン夫人の正体は…、という、ドタバタ喜劇仕立てで、お上品なヴィクトリア朝貴族社会を皮肉る、ワイルドらしいストーリー。

古風な劇場、衣装も昔風。ギリシャ悲劇でもシェイクスピア劇でも現代風の服装なのに慣れているので、逆に新鮮。

明るく軽いタッチで、笑える。有名なコメディエンヌのジェニファー・サンダースがベリック公爵夫人役でウケていた。みんな「あー面白かった」と劇場を去るわけですが、初演当時の19世紀なら、もっと鋭い社会批判になっていて、観客の胸に残るものは違っていたのかも。堅苦しい階級社会で足を踏み外すとどうなるか、ありあり実感ができたかもしれない。しかもその「踏み外し」には、たとえば男ならいいが女はダメとか、不平等な基準があった。

現代に共通するものもまだあるけれど、深く感情移入して見る感じではない。それでもワイルドのシャープなセリフをきれいな発音・発声で聴くのは楽しい。今年は「ワイルド・シーズン」として2作上演を予定しているVaudeville Theatre、中継も映画館で観られます。

トレイラー:

 

 

.

| ろき | 演劇・ダンス他 | comments(6) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comments:
チューリップの写真、ありがとうございます。
とっても素敵です。
夕陽に映える炎のようです。

Lokiさんの写真はとてもステキで、カードにしたら欲しい方がたくさんいると思います。

また写真のアップを楽しみにしています。
* Kiki * 2018/04/16 9:11 AM
Kikiさん、ありがとう。このチューリップ、色が気にいってます。
やっと暖かくなったけど日光と花粉に弱いのであまり外で活動できませんが、花粉の少ない日にカメラ持参で出かけたいです♪
* Loki * 2018/04/16 6:50 PM
大昔読んだことがありますよ。
コメディだったのか〜。気づかなかった〜。
アーリン夫人は今でいう「美魔女」で
たしか黒っぽい服を着ると若く見えるとか言ってましたっけ。
女って怖い〜と思いましたよ。
* はむはは * 2018/04/16 9:25 PM
はむははさん、わたしも昔読んだけど、すっかり忘れてました。面白かった。
演出にもよるだろうけど、笑えます。
アーリン夫人、「女性と話すのは緊張する。相手が男性ならどうにでもなるんだけど」みたいなこと言ってて、さすがと思った。
* Loki * 2018/04/17 6:01 AM
チューリップきれいですね。
花弁の先が細くなっていて、ほんと、炎みたい。

時代が変わると理解できなくなることは多いですね。
同時代でもさっぱりわからないこともあるけど。…

これは読んだことがないので、図書館で探してみます。
* B * 2018/04/19 6:34 AM
Bさん、このチューリップ可愛いでしょ、2年目。
日中暑くてがばっと開いてるけど(笑)。

ヴィクトリア時代のいいとこの女性はいろいろ大変そう。コルセットとか、無理。でも貧乏人だとまず生存が大変か。
そうそう、同時代でもわからないことはありますね。変な校則とか…。
* Loki * 2018/04/19 4:53 PM
Comments: