<< ときどき夏 | main | 〇マゾン・お試しプライムで映画 >>
ドラマ『Берёзка』(ベリョースカ)

JUGEMテーマ:エンターテイメント

110518-2

ロシアのチャンネル1で放送のドラマ、「ベリョースカ」、全16話を見終える。

"Берёзка" 2018

режиссер -- Александр Баранов

<Cast>

Надежда Петровна СВЕТЛОВА - Лидия Вележева
Варвара ГОРШКОВА - Любовь Константинова
Эдита ТАММ - Алена Коломина
Маргарита Павловна ФОМИЧЕВА - Мария Порошина
Анатолий Борисович КОЖЕВНИКОВ - Алексей Серебряков
ЛАРИСА АЛЕКСЕЕВНА - Нина Усатова
Алексей ПОКРОВСКИЙ - Петр Рыков
Борис ЕВСЕЕВ - Дмитрий Щербина

ベリョースカとは白樺のことですが、ロシアを代表する民族舞踊の団体の名。ソ連時代の1948年にボリショイ・バレエ出身のナジェージダ・ナジェージディナが創立、今でも続いている。わたしも昔、見たことがあるような気がする。当時はありがたさがわからなかった、もったいない。

細いマトリョーシカみたいな可愛い女性陣が、床をすーっと滑るように動くのが印象的。お掃除ロボットのルンバを履いているみたいだ。

ドラマは創立70周を記念して作られた。実在のナジェージダをモデルにしたナジェージダ・スヴェトロワを中心に、伝統芸能に新たな生命を吹き込んでヨーロッパやアメリカ遠征も果たした舞踏団の姿を描く。

なので踊りがたっぷり見られると期待したんだけど、若いダンサーたちの恋愛や家庭問題、文化省のお役人とのごたごたがメインでちょっとがっかり。

人物もあまり深みがない、というより、失礼ながら、紙のようにペラペラ。ヒロインのワルワーラ(上の写真で泣いて化粧が崩れてるひと)は田舎の工場勤めだったが当時テレビでもよく見られたベリョースカにあこがれ、父と姉を捨ててモスクワに乗り込むも、あっさり入団試験に落ち、それでも夢を捨てきれずに掃除係りとして潜入(?)、夜にこっそり練習――昭和のマンガちっくな展開。しかも団員のトップダンサーの男とか、友達の旦那とか、怪我した足を看た医者までみーんなワルワーラに惚れる。何なんだ?笑

唯一奥行きのある人間らしいキャラは、ディレクターのナジェージダ(リディア・ヴェレジェワ、『白痴』でナターシャを演じたひと)。

110518-3

現役ダンサーたちがわんさかいる舞踏団の中なのにダントツで美しく貫録がある。見惚れます。

彼女が面倒くさいお役人や、「アメリカ仕込みのニューウェーブのダンス」などの圧力をうまくあしらいながらロシアの魂を踊りで表そうとする姿が凛々しいです。

恋人役は、珍しくギャングじゃないのねセレブリャコフ♡

110518-1

人物紹介のページ

盛り過ぎ感のあるストーリーはちょっとアレですが、たまにあるダンスや練習シーンは面白いし、ソ連の生活も垣間見られる。こういう芸能団体が海外公演するとき、危ないのは団員の亡命ですよね。帰ってから団員ほか、亡命した人の関係者全員が取り調べを受けるのがリアルでおそろしかった。本当はもっとおそろしかったのだろう。

現実のナジェージダさんは70年代に亡くなったはずだが、ドラマではゴルバチョフの時代も、その後も描かれるので、フィクションの割合が高い、軽いエンターテイメント。「使えそうな男」を色じかけで次々に落として出世していくビッチなライバル役もいるけど、けっこう憎めないキャラに仕上がっていたり、深刻にならないのが気楽かも。

「ロシアの魂」のプロパガンダかもしれないですけどね、なにしろロシア1チャンだから。

1,2話のトレイラー:

 

本物の踊りはこれだ!

 

 

.

| ろき | テレビ | comments(4) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comments:
お人形っぽくて面白い動きですね。脚をどのように動かしているのか興味津々。
ルンバに乗っているのではなさそうですね。

ヒロインに次々にひっかかる男性陣、儚げで繊細に見えて守ってあげたくなるんでしょうけど。
自己チューで薄情なんですよ、間違えないでね。

「そんなつもり無いのに〜」と言いながら結局周囲の人達を利用するタイプよりは、しっかり目標定めてぐいぐい進む奴の方がマシかもしれません。
* B * 2018/05/13 8:02 AM
ルンバに乗る猫と言うのが一時話題になったことがあるけれども、
入団できるんじゃないかしら。
この踊り、見たことありますよ。
日本のバラエティ番組で。
驚きましたよ。
こんな動きは大変でしょう。
お能のようですね。


いるよね〜、なぜか男がコロコロ引っかかる女性。
でも、うまく立ち回れるかはまた別なのよね。
* はむはは * 2018/05/13 3:47 PM
Bさん、面白い動きですよね。つま先立ってツツツツー…と動いてるみたいです。重労働!その辺をもっと詳しく見たかったんだけど。

男ってアホね〜。特に訳あってシングルマザーになっちゃったりすると、「守りたい」候補が続出し。

ぐいぐい系の子はわかりやすくて、失敗しても潔いかもね。
* Loki * 2018/05/13 10:34 PM
はむははさん、日本のテレビでやってたんですね!不思議な動きですよね。
「脚が2本しかない人は入団できません」とかじゃないだろうな。

異性の友達はできない(惚れられるから)というのは、損なこともあるかもしれないですね。しかし強引なドラマだったw
* Loki * 2018/05/13 10:38 PM
Comments: