<< プッチーニ「ラ・ボエーム」ロイヤル・オペラ@映画館 | main | ロイヤル・アカデミーの週末コース『Life painting』 >>
ローカル(すぎる)ニュース

JUGEMテーマ:日記・一般

200220-1

(Cambridge Newsからの写真)

近場のニュースを2つ。まず上の写真は、「エクスティンクション・リベリオン」がケンブリッジ大学トリニティ・カレッジの芝生を掘り返している図。

「エクスティンクション〜」といえば地球温暖化を起こしている人間の活動に抗議、”非暴力”的手段に出ている団体です。以前からケンブリッジの周囲でデモをしていて、80代の老夫婦の経営するガソリンスタンドを占拠して太鼓をたたき、困らせたりしていた。

先週末からは1週間の予定でいろいろな場所に出没。一応警察に届け出ているので、ローカル新聞などに「今日はここらへんで座り込み」などの警告が出ます。

トリニティ・カレッジは石油会社などとの提携研究やプロジェクトが多い、というのが彼らの主張。画面右側に見える樹木は、かのニュートン様が重力を発見するきっかけになったリンゴの木!〜てのは大概うそですが、親戚らしいのは本当だそうです。さすがにこれには手をつけず前庭をほじくり返し、土は近所の銀行のフロアに投げ込んだとか。

これには逮捕者が出ました。だよねー芝生はイギリス人の命、怒りますよ。

確かに人々に問題意識を持ってもらうためには、「海岸でプラスチックゴミを拾いました」というようなのではインパクトが弱い。「それはいいねー」で終わってしまう。

(道路の閉鎖で)自分が会社に行けない、ミーティングに遅刻した、など直接的な影響がないと、人は真剣に考えない。でもこのやり方はなあ。すでに怒り心頭に発した市民から「やめてくれ」という嘆願書の署名が集まってます。もっと良い方法があるはず、と思う。ちょっと今すぐには思いつかないけど。

さて、それより凄いニュースが(笑)、1年9か月も風呂桶にヒビが入ったままだった賃貸マンションのバスルームがいよいよ修理してもらえることになった、という極めて個人的な話。でも大事です。

平日昼間に業者さんが入って、その日帰ったら、風呂場がこうなっていた。

200220-2

風呂桶が立っている。これではシャワーすら使えん。おまけにバスルーム以外のリビング・スペースでもコンセントを探したりしたらしく、いろんなものがぐちゃぐちゃに動かされていた。元に戻す、ってことを知らない人たちなんです。

大家さんに電話して、何とかしてもらうことに。

良かったのは翌日、上の写真を会社の上司に見せたら、

「これはいかん、今日は早めに帰っていいよ」と言ってもらったこと。ラッキー、ははは。で、帰ってみたらバスタブは設置済み。あとは大家さんが自力でタイルを貼る前段階まで、できていた。シャワーがつかなかったけど、とりあえずそれはすぐ直るそう。

あと数日、もうちょっとだ。

200220-3

シンクやトイレも真新しいのに交換されて気持ちがいい。壁はタイルを貼る前なので赤剥けですが。

でも…真新しいのに…21世紀なのに、相変わらず左の蛇口からは「熱いお湯だけ」、右の蛇口からは「水だけ」が出ます…。なんでだー!

 

 

.

 

 

 

| ろき | できごと・日常 | comments(6) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comments:
庭をほじくり返すのと、トリニティ・カレッジのプロジェクトとの関係は如何に?
ただの嫌がらせにしか見えません。
石油を掘ってるのかしら?

笑ってはいけないのですが、笑ってしまいました。
えらい目にあいましたね。
大家さんが頑張って交渉してくれたのでしょうか?
タイル貼りは1日で終わりましたか?
* coco * 2020/02/21 7:40 AM
「エクスティンクション・リベリオン」
つて、何をしたいんでしょうね。
理解しがたいわ。

イギリス工事あるあるシリーズですね。
日本じゃ考えられないけれども、
こういうことが当たり前(?)にあると、
対応力も鍛えられますね。

工事は無事に終わりましたか?

水だけ、熱いお湯だけというのは最近日本ではあまり見ませんね。
わたくしがこの間泊まったホテルがこの形式で、
うっかりやけどしそうになりました。
昔はそんなことはなかったのに、
対応力が衰えてきますね〜。
* はむはは * 2020/02/21 10:46 AM
Cocoさん、環境を守るはずなのに、植物をいじめるなんて、おかしいですよね。驚きすぎて、彼らの主張が頭に入ってこないわ。

いや、写真見せた人みんな笑ってましたよ。笑うしかないっていうか。
タイル貼りが1日で終わるわけありません。3日で済めば御の字ですが、長期化するかも〜。
* Loki * 2020/02/21 7:05 PM
はむははさん、わたしにも理解できません。たまにこういう、過激に進んでしまう団体ありますよね。やばいです。

工事はまだまだ終わりません。タイルを中途半端に貼った状態で風呂やシャワーを使う日々がどのくらい続くものやら…。

まだ日本にもありましたか、この別々蛇口。使いにくいですよね。さすがにそのホテルも、次の改装では替えるんじゃないですかね。
* Loki * 2020/02/21 7:10 PM
ひび割れバスタブを1年9カ月放置って、家主さん〜。
イギリス人には、どんなに不便か理解してもらえなかったのでしょうか。
修理が済んだら、ゆっくりお湯につかってくださいね。

芝生を掘って何のアピールだか。
「わたしたち、いい人なんだけど知恵が足りないの」
…ってこと?
* B * 2020/02/24 11:33 AM
Bさん、「風呂はたまに入るものだから、いいかな」とズルズル来てしまったのでしょうかね。ヒビに接着剤塗って防水ガムテープで保護して、傷口?を刺激しないようそーっと入る日々でしたよ。
今はシャワーをかけるフックがないので、片手で持つしかないんですが、使いにくいー。

「Rebellion」だけに、過激な手段ですよね。十分暴力だと思うが…これからもいろいろやらかしてくれそうです。どうしてくれる!って気持ちは分からないでもないんですけど。
* Loki * 2020/02/24 7:27 PM
Comments: