<< デレク先生の人体デッサンクラス再開ーー教室が近所に | main | ヘンな特許 >>
『ジダン 21世紀の肖像』ーーアートな映画
zidane

ジダンと言えば「頭突き男」ってことになっちゃってトホホですが。

『Zidane: A 21st Century Portrait』
この映画は2005年、レアル・マドリットのある試合のジダンを追ったもの。
ファンでもないのになぜ見たかというと、監督がターナー賞受賞のスコットランド人映像作家ダグラス・ゴードンと、フランスのアーティスト、フィリップ・パレーノだったから。
音楽はロックバンド、モグワイ。
先端アーティストがジダンをどう捉えるのかに興味は集中。

映画館に行くと、観客は20人ほど。そうだよね〜、ここはイギリス、ジダンは天敵さ。
上映時間はサッカーの試合時間と同じく90分、去年の4月23日に開催された、対ビジャレアル戦のジダンだけを映し出す。
チームメイトにはイケメン系ベッカムやフィーゴもいるが、彼らはあくまでも背景、ときおりスクリーンの端を横切る程度。

カメラ17台が駆使され、スタジアム全体から、テレビ中継の荒い画面、ピッチに手持ちで入ってるかのような至近映像まで、あらゆる角度からジダンが抽出される。
ボールが遠い場所ではエネルギーをセーブしてたらたら歩くジダン、ボソボソ独り言をつぶやいたり他の選手に声をかけるジダン。
ボールが近寄ってくると同時におそるべき速さで動きだし、白いボールを巧みな足さばきで進め、味方にパス。そこでいったん作業終了。ゆっくり遠ざかる足に焦点があたる。
まるで猫科の大型肉食獣の足のようだ。
大きな「肉球」がありそう。

カメラは時に彼の脚をわざと外す。走っている彼の足元もボールも見えないのは、まるで料理番組で包丁を使う手元を見せないみたいで意表をつく。
そして視線は彼の顔と上半身に行く。

いや。美しいです。

すばらしい造形。
ベッカムやフィーゴでは無理です、このごつい男でないと。

移民の子で、だからきっと貧乏で、サッカーの才能ひとつでこのスタジアムまで登りつめた歴史も、観客の声援を聞き、仲間もいながら、とことん孤独な仕事人であることも、鼻の頭とあごから汗をしたたらせる彼の顔ににじみ出ている。

見とれました。
だから「肖像」なんですね、タイトルが。

最高の素材を得てすごい映像を造りましたね、監督。
真面目なサッカーファンにはウケないかもしれない。これはアート映画です。

邦題は「ジダン 神が愛した男」だそうで、うーん、ちょっとズレてないか?
| ろき | 映画 | comments(6) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comments:
そうですねー頭突き男問題は日本でもかなり話題でした。イタリアの中継番組でその瞬間のアナウンスが『オ〜ララ〜ジダン!それはいけない!何があってもいけない!今はいけない〜〜〜!』って言っていると通訳解説付き。じゃあいつならいいんだ?カメラのいない見えないところならいいのか!?さすが、お国柄、、、日本的だと思ったのは、その直後どういう会話がなされたのか?!世界が注目した部分で、NHKイタリア語会話の講師がビデオを見て(口元アップ)読唇術で読み解く、ってヤツ、、、神が愛した男?なの?またおかしなタイトルやっちゃったね、へんなの〜
* mimo * 2006/10/04 1:46 AM
だめじゃん、ジダン。
ロキさんに肉球を見られちゃったわよ。
あ、ロキさんには見えても
人間には見えないからいいか。

なにごとも極めた人は美しい。
* はむはは * 2006/10/04 7:46 PM
Mimoさん、イタリアのアナウンサー「オーララ〜」ですか、おもろい。
フランスではノリの良いダンス曲「頭突きの歌」が流行ったし。
あれを商標登録した中国系ビジネスマンもいた!
ジダン自身は「思考」プロセスを経ない反射行動だったと、
この映画みて私は思いました。
* Loki * 2006/10/05 1:24 AM
はむははさん、こんにちは。
ジダンの肉球、ぷにぷにしてけっこう可愛い。
だから彼は人間離れしているが、私はにんげんだってば。
ホラちゃんと角も黒い羽もあるし、ケケケ。
・・・おっと。
* Loki * 2006/10/05 1:28 AM
はじめまして。
今日、この映画を見ました。
なんていうか・・・ジダン以外にはこういう映画はできないのではないかと・・・。驚きの映画でした。
で、邦題には「?」でした〜
* カオリ * 2006/11/12 6:33 PM
カオリさん、コメントありがとうございます。
驚きますよね、この映画。実にアートだと思いました。
邦題ってどうしてこういうの多いんでしょうか。
誰も逆らえない年配のお偉いさんがつけてるの?
映画ブログ、充実されてますね。これから読ませていただきます。
* Loki * 2006/11/13 5:31 PM
Comments:









Truck back URL of This entry
http://loki-art.jugem.jp/trackback/226
Trackback
ジダン 神が愛した男(06・仏)
こんな副題をつけてはいけない。 原題は「ZIDANE? un Portrait du 21e Siene」 大学時代、第2外国語はフランス語を選んでいた自分。辞書を見る限りでは・・・「ジダン 21世紀の肖像」かな。 例によって情報はほとんど入れていかずに観た。「ドキュメンタリー」ら
| no movie no life | 2006/11/12 6:31 PM |