<< ドリーンのチャクラ・メンテ本 『Chakra Clearing』 | main | ロイヤル・オペラ「ドン・ジョバンニ」−−死んでも反省しない放蕩者 >>
EUAN UGLOW 展ーー測る男

ロンドンのMarlborough Fine Art ギャラリーで、ユアン・ウグロー (1932ー2000) の個展を見てきた。
現代イギリスのアーティストの中では一番好き。
デッサン44点と油絵が19点、ゆったりして意外に奥行きのあるギャラリーで見られて幸せだった。
メジャーな美術館と違って混んでいないのもありがたい。

この人はとにかく正確。
その秘密は、測ること。

Nude 2
Nude 2 (部分)

小さなデッサンだが、こまかく計測した跡がそのまま活かされている。
思うに彼、自分の測った目印も好きなのね。わざと残してます。

ここまできっちり測ると、モデル動けません。
ある時モデルを固定するために周囲にクギを打っちゃったというウワサも。
Sですね。

Peach
Peach(部分)

桃も測る!
私なんかが適当に一気に描いてしまう線、彼はゆっくりゆっくり、蟻が歩くように丁寧にたどっている。

ゆるぎない正確さはパワーだ。
そして色が美しい。

model climbing
Model Climbing Stairs (Rear End)
1905, oil on canvas
45.5 x 30.5 cm.

いいお尻です。
このライトな色の薄塗り、たまりません。
パレットの上ではこだわりにこだわり、これ、という色を作っていたに違いない。
ああ、うっとりだ。

面白いことにデレク先生はウグローが嫌いで、
「ああいう描き方には限界がある」と批判的。
私が彼を好きだというと、
「信じられな〜い」とか言ってくれる。
デレク先生は全然測らないでダイナミックに描く、正反対のスタイルだからなあ。

放っておくとウグロー的に(あそこまでできないけど)細かくなっていくだろう私の描き方の枠を大胆に外してくれるところが、先生のいいところだもんね。

| ろき | 美術館・展覧会など | comments(4) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comments:
色が綺麗ですね!ここまで徹底的に測る
ということには、若干抵抗を感じますが、
配色は流石ですね。

彼の絵は知りませんでしたが、絵の感じから
若々しくてもっと現代に近いアーティストだと
思っていましたが、20世紀を生きた人だった
んですね。感性がみずみずしいですね。
* KiKi * 2007/06/17 10:06 AM
測ってますねぇ。
測って測ってきちっきちっと納まっていくのが
たまらなく快感なんですね、きっと。

デレク先生、案外、自分が苦手な「測る」を成功させている
ユグローに嫉妬しているのかもよ。

ロキさん、ユグローとデレク先生の間で揺れ動いているのかしら。
両方会得するとすてきよ。
* はむはは * 2007/06/17 4:11 PM
KiKiさん、美しいでしょう〜。
最後のお尻の絵(?)は90年代だったと思う。
若々しいですよねー。
私は彼に習ったアーティストに習ったので、
勝手に孫弟子です、うふふ。
* Loki * 2007/06/18 6:54 AM
はむははさん、測りの快感が伝わる絵でしょー。
よくやるなあ、でも美しい。
私は揺れてませんよ、ユグローまっしぐら。
だけど固まらないように、デレク先生方式も必要
ですよね。
* Loki * 2007/06/18 7:04 AM
Comments: